真我布武 ー真我で歩いてゆくー

<"布武"とは本来歩くという意味です>

真我で歩く日々の気づき

f:id:gamon0005:20190812140947j:plain
今日も午前中はウォーキング。

とにかく暑かった。

田んぼからの爽やかな風もなく、ウォーキング開始早々意識が朦朧としてきたので、途中、公民館で10分ほど休んでその後は、早々に切り上げました。

今日も、BMTというウォーキングシューズを履き、後ろにのけ反りかえって、王様や皇帝や帝のように、ゆっくり歩くことを意識しました。

元々、そうやって歩くのが基本姿勢らしいですが。

それだけでなく、最近、北方謙三三国志をボチボチ読みはじめていて、その影響もあるのかもしれません。

だいぶ前、吉川英治三国志を読んだことはあるのですが、吉川三国志は、単純に、勧善懲悪の曹操:悪vs劉備:善と描かれていたのですが、北方三国志では、曹操の功績も描かれ、三国志正史に近いのかな、と思いました。
何より、さすがに元々エンターテイメント小説を書いていただけあって、読みやすいです。

それはともかく、昨晩も寝入りに真我瞑想をやりながら寝たのですが、体の中から邪が出てゆくようで、首~肩~腕の痛み、つまり五十肩がまた少し軽減しました。

ともかく、五十肩を治すには、軽く、軽く、と思いました。

今日も徹底真我。
真我の実践。