真我布武 ー真我で歩いてゆくー

<"布武"とは本来歩くという意味です>

私の体験談<うつ~真我遭遇~その後>since2003 #26

本日もブログをお読みいただきありがとうございます。

前回は、自殺願望・うつで2005年に会社を辞め、起業セミナーなどに参加して、2006年には再就職し、成功哲学自己啓発にハマリ、その中でコーチングを受けて結婚して仕事を続けていたが、全く別の部署のオッサンに一年と言う約束で新規部署を立ち上げを命ぜられ、その後は好きな部署に異動させてくれるはずが、約束は破られ、また地獄のうつ状態になったところまで行きました。

そして、例の整体師のところで、霊観を使って会社を辞めるかどうか聞いて、答えは辞めると出ました。
霊観で聞く条件として、答えには必ず従うというルールがあったのです。

それは2011年の春の出来事でした。

霊観で聞いて”辞める”と出たので、妻にも相談しました。

妻もそんな会社辞めたほうが良いとの意見でしたので、やはり辞めると決めました。

休職も考えましたが、休職しても元に戻る場所は例の新規部署なので、休んでも変わりないだろうと思いました。

でも年収に後ろ髪をひかれました。

今考えると(真我に目覚めた今)、その”霊観”ですが、神・大自然にお伺いを立てると、人差し指の動きでそのYES・NOの答えが出るのですが、潜在意識が動かしているに決まっていると思うのです。
ダウジングと同じです。

潜在意識で、もう会社に行くのイヤだ!!って思っているのですから、「会社辞めたほうが良いですか?」と聞いたら、指がYESに動くに決まっているのです。

ホント浅はかでした。

バカでした。

話を元に戻すと、会社を辞めると決断しました。

ある日、会社で私を新規部署の立ち上げに任命した、他の部署のオッサンを会議室に呼び出し、会社を辞める旨を伝えました。
もちろん、約束が違う事にも再度抗議し、辞める決断に至った経緯もとくとくと話しました。

オッサンいわく、「しょうがないね。誰か別の人探すか。辞めることは了解したから社長に伝えるよ」それだけ。

いい加減オマエがやれよ、また人にやらせるのかよ!!とあきれました。

その一ヶ月後、とにかく後先考えず、うつ状態を脱出するのが先で、次の就職先も決めずに辞めるのでした。

とにかく、あのうつ状態復活で、次の職場を探す気力も無く、心身を健康に戻す事が先でした。

次回につづく。