読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真我布武 ー真我で歩いてゆくー

<"布武"とは本来歩くという意味です>

私の体験談<うつ~真我遭遇~その後>since2003 #21

本日もブログをお読みいただきありがとうございます。

前回は、自殺願望・うつで、結局会社を辞めると決め2005年に起業セミナーを受け霊能力者と出会ってカウンセリングオ受け、さらに「起業家養成科講座」なるものに参加したが、起業をいったんあきらめ2006年に再就職し、ついに成功哲学セミナーや成功者のコミュニティに参加し、結婚を決意するところまできました。

色々、女性とのご縁があるたび、霊能力者に聞くのですが、ダメ出しばかり。

あげくに「結婚相手はだれでも良い。それも修行だから」と。

そんなこと誰でも言えるじゃん、あえて特別な能力を持つ人のいう事ではないよな~。

なんて思い始め、その人のところに通わないと心のモヤモヤが取れない、じゃあクスリと同じでは?!という気づきとあいまって、次第に足が遠のいてゆくのでした。

結婚に関し、頼る者がいなくなった私は、その成功者のコミュニティでコーチングというものをやっている人と出会い、受けてみることに。

無料お試しセッションを受けてビックリ。

私の言っている事をすべて認めてもらえました。

そして、その人のコーチングを一通り受けた後、妻と出会い、結婚する事になるのです。

うつは完全に鳴りを潜めたように思えました。

でも、仕事でトラブルに見舞われると、ちょっとしたことでも、相変わらず「死んでしまいたい」「死ねば楽になる」という言葉が頭をよぎるのです。

一方で、勤めて一年も経たないうちに実はこの会社、今風に言うと社長のパワハラがひどい会社だと判明しました。

社長が社員に対し、何かあるたびに「オマエなんか要らない!!会社辞めちまえ!!オマエなんか価値ねーよ!!死んでしまえ!!」などなど罵詈雑言を浴びせるのです。

そう頻繁には私のところには周って来ませんでしたが、ごくたまに周ってきました。

そんな時は、特にひどく落ち込んで、イライラし、思考も止まり、「死んでしまいたい」「死ねば楽になる」という言葉が頭をよぎるのです。

それをヤバイとは思えなくなってきていました。

あたり前になってきて、それさえやり過ごせば、トラブルさえ解決すれば、、、と自分に言い聞かせひたすら時間が過ぎるのを待つのでした。

そんな私を見ていて、妻も、ちょっとおかしいと、ほんの少しだけ、言うのでした。

その一方、コーチングで結婚という目標を達成した私は、調子に乗りました。

ハナ高々でした。

会社でも、更に周りの人がバカに見える、、、が強くなりました。

セミナーがあったり、ちょっとした私用でも、平気で会社を休んだりしました。

会社で段々と不評を買い始めるでした。

でも平気でした。

私のようにお金出してまで自分を高めヤツら、そんなヤツらに言われる筋合いはないし、このオレに何言ってやがるんだ!!でした。

一方で与えられた仕事は、きちんとやっているので、余計にそう思うのでした。

会社内で、仕事上の異動があったりしたのですが、まだまだ私の過去のキャリアを活かせるので、きっちりやっておりました。

結婚生活もまあま順調でした。

時々、仕事上トラブルや社長のパワハラに見舞われると落ち込み、「死んでしまいたい」「死ねば楽になる」という言葉が頭をよぎるのは変わりませんでしたが、どうにかこうにか、それで2年3年やり過ごすのでした。

常に社長のパワハラに戦々恐々としながら、次はオレの番じゃないか?また来るのではないか?とビクビク怯えて日々を過ごし、いつの間にかそれが当たり前になっていました。

次回につづく。