読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真我布武 ー真我で歩いてゆくー

<"布武"とは本来歩くという意味です>

私の体験談<うつ~真我遭遇~その後>since2003 #12

本日もブログをお読みいただきありがとうございます。

前回は、季節+仕事+怪我で心身ともにおかしくなり、心療内科の色々なクスリを飲んでるうちに、自殺願望が出てうつになり、トータル三箇所医者に行ったところまでゆきました。

そうです。

別のところに行っても、またまた同じでした。
5分診療で、クスリを出すだけで、それも家に帰ったら即ゴミ箱行き。
もう終わった、打つ手が無い、もうどうしょうもない。
途方もくれるとは、このことか?!と思いました。

前にも書きましたが、本気で○○ム真理教のような宗教集団に入ろうかと思いました。

もちろん、そんなのはテロリスト養成所という、既に世間のイメージがありましたので、実際に入ることはありませんでしたが。

考えたあげく、出した結論は、会社を辞めようでした。

季節は時間が過ぎれば季節が変わり、その問題は解決するだろう。
指の骨折は、時間が過ぎればやがて治るだろう。

最後に残ったのが会社です。
こればかりはどうにもならない。

自分でも一番のメインの原因が会社にある仕事にあると思っていたので、会社を辞めようと思いました。

入社する時は、もう転職は嫌だ、この会社に一生勤める、この会社に骨を埋めるつもりで入りました。
この点にかなりのこだわりがありました。

でも、勇気を出して辞めるという発想に至った時、す~っと心が晴れてゆく感じがしました。

そうだよ!!自殺するくらいなら、会社を辞めたほうがまだマシだよ!!

とにかく、生きねば。

「とにかく生きる」、、、これも生まれてはじめて持った考え方です。

でも、石の上にも3年というので、今会社を辞めるのは心もとない。

そこで、もう一年ぐらいしてから辞めようと思いました。

そうしたら、かなり気が楽になりました。

仕事もある程度手を抜くようになりました。

社内で、別の部署に子分みたいな後輩を作り、用事があるふりをして、その部署に行き子分みたいな後輩と世間話をして、うまくサボるようにしました。

基本営業職だったのですが、海外向けの営業なので、普段はメールでのやりとりなので常に外に出歩く必要はありませんでした。

年に何回か海外出張はありましたが。。。。

普段のメールのやりとりや海外出張で、海外からのお客さまから機械の引き合いがあり、めんどうな交渉に発展しそうになると、引き合いをつぶしたりもしました。

一生懸命、交渉に交渉を重ねて、契約につなげたとしても、評価もされず給料やボーナスにもにも反映されなかったので、ムリすること無いだろうと思いました。

そこでハッと気づくのです、ようやく気づくのです。

一生懸命やっても、何も返ってくるものがないと。

あ、そういう会社なんだと。。。。

次回につづきます。