真我布武 ー真我で歩いてゆくー

<"布武"とは本来歩くという意味です>

真我で歩く日々の気づき

もう徹底的に完璧愛ポストをやってますが、出てくる出てくる、モヤモヤした思い。 最近やってもやっても出てくるのが、やっぱり公務員になれば良かったという思い。 確かに大学入った頃は、公務員になろうと思ってましたが、それがいつの間にやら。 その思い…

真我で歩く日々の気づき

まあ、今でも出てくる出てくる。 ああしておけば良かった、こうしておけば良かった。 自分を責める気持ち、後悔。 その度に完璧愛ポスト。 実はそういう事だったのか~~と気づきの連続。 でも人として、ああしておけば良かった、こうしておけば良かった、な…

真我で歩く日々の気づき

そう、あの中学時代のあの思い出。 あの時、変に勘ぐらず、自分の思いのあの通りに生きていたら、どんなに良かったろう。まさに、あれが私の本来生きる人生だったのでは、と思いました。 悔やんでも悔やみきれない、 今さらどうにかなるものでもない、 ここ…

真我で歩く日々の気づき

実は、真我に目覚めてからというもの、中学時代のある思い出をたまに思い出すことがあります。 淡い思い出です。 真我に目覚めるまではまったく忘れてましたし、思い出すことなんてまったくありませんでした。 真我に目覚めてからはたまに思い出します。 思…

真我で歩く日々の気づき

完璧愛ポストを徹底的にやってます。 宇宙と調和するには、というより自分も宇宙の産物である。 動物や石ころと同じ人間も宇宙の産物であることに気づきました。 宇宙が生んだただの人間である。 宇宙と調和するには、まず自分はただの人間であると悟ことだ…

真我で歩く日々の気づき

ふと、ようやく気づきました。 宇宙からみたら、私はただの人間。 宇宙と調和するには、ただの人間として存在すること、生きてゆくこと。 学長の音声を聞いていたら、人間の心は不完全という言葉が出てきました。 それも含めて、ただの人間。 それも含めて、…

真我で歩く日々の気づき

頭と肩痛みです。 相変わらずありますが、少し軽減したような気がします。 この痛みをネタに徹底的に完璧愛ポストをやってます。 宇宙の愛、神のメッセージとして、むしろ感謝する、というように変わってきてます。 何かほんとに、人生の問題の本質があるよ…

真我で歩く日々の気づき

最近、よく思うのが感謝です。 真我に目覚めたからこそ、感謝できてます。 かつて私は成功哲学、自己啓発をやっていたので、斎藤〇人、ホ〇オポノポノにも凝りました。 斎藤〇人さんにおいては、ありがとうを一日何回も言う。 ついてる、ついてる、を一日何…

真我で歩く日々の気づき

たまにふと音楽か~~って思ってします。 会社帰りはインターFMのデイブ・フロムショーという番組を聞いてます。 懐かしいロック音楽満載で、トークもブラックトークでおもしろいです。 一方で、真我のお仲間には、音楽やってらっしゃる方が多いような気がし…

真我で歩く日々の気づき

頭と肩の痛み。 ようやく、これをネタに完璧愛ポストができるようになりました。 それまでは、心が主体でしたので。 ようやく、問題の本質にたどり着いたという感じです。 それをネタに完璧愛ポストをやって、大きな変化は、自分が世界を救う、世の中を良く…

真我で歩く日々の気づき

先日、テレビ・ラジオ・新聞全否定のカリスマ成功哲学セミナー講師のことを書きました。 思い出したのが、成功哲学・自己啓発系の講師の方々の中には、人さえも全否定するひとが存在するということです。 自分の事を批判したり悪く言ったりする人のことを全…

真我で歩く日々の気づき

徹底的に完璧愛ポストをやっていますし、ほかのワークもやっていますが、今でも、恐怖・不安の念、あの時ああしておけば良かったこ、こうしておけば良かったなどという後悔の念が沸いて出てきます。 でも、最近ではそんな念が出てきたら、それは自分への愛で…

真我で歩く日々の気づき

またまた、懐かしい思い出がよみがえってきました。 あの成功哲学セミナーです。 セミナーのカリスマ講師はこんなこと言ってました。 私はテレビも新聞も見ない、ラジオも聞かない。毎日毎日殺人だ戦争だのネガティブなニュースであふれている。そういう情報…

真我で歩く日々の気づき

昨日・おととい、仕事のことで、妙に無性にイライラしました。 トラブルがあったせいもあるでしょう。 でもそれは私だけの責任だけでそうなったわけでもなく、会社側も理解を示し私だけを責めることもなく、会社全体で前向きに対処しているにもかかわらず、…

真我で歩く日々の気づき

私は頭痛持ちで、ひどい肩こり持ちで、腰痛もあり・・・とからだに痛みを持っています。 何十年持ち続け、今では痛いのが当たり前になってしまい、問題とも思わなくなってしまいました。 今ようやく、手をつけました。 これをネタに完璧愛ポストをやるように…

真我で歩く日々の気づき

昨日なぜだか、ふと生まれて初めて行った成功哲学セミナーを思い出してしまいました。 夏の時期に行ったからでしょうか。 4日間ホテルにカンづめ。 講座は、朝8時に始まり、深夜2時まで続く。 その間座学あり、ワークありで過ぎてゆく。 そしてそして、朝…

真我で歩く日々の気づき

今月のニュースレターの学長のお話、いや~むちゃくちゃ心に響きました。 まるで私に言っているみたいで。 真我に焦点をあてる。 学長に焦点をあてる。 今日も徹底真我。 真我の実践。 今日も愛に生きる。 ~今月のニュースレターより~ 今月の言葉 たとえ幸…

真我で歩く日々の気づき

昨日、完璧愛ポストをやっているとき、はたと気づきました。 自分の心の奥の奥にある思い、考えを。 楽しい事は罪だ。 楽しい事をしていると足もとをすくわれる。前はそれでうつになった。きっと何かある。 でした。 この罪悪感と恐怖心。 ずっとこれが私の…

真我で歩く日々の気づき

9月になり、夏もようやく終わりました。 さてさて、毎日毎日ワークをやり、心の中が日々変化しておりますが、まだまだ、あの時ああしておけばよかった、なんだあの時ああしなかかったんだろう、などと後悔の念や、自分をむげに責める念が沸き上がってきます…

真我で歩く日々の気づき

先日、学長のご先祖様の音声を聞いてから、ふと思いました。 あくまでも聞いた話ですが、私のご先祖様は、源頼朝が第一次平家征伐に敗れ、かの地に落ち延びて来た時、漁師だったご先祖様が、頼朝公に良くしたご褒美として、苗字をいただいた、らしいのです。…

真我で歩く日々の気づき

またまたハッと気づきました。 いまだに、なんであの会社辞めちまったんだ、そこそこ年収良かったのに、辞めなければ、今頃は妻をもう少し楽させてあげたのに・・・って、自分を責める気持ちが沸いてきます。 でも今はようやく、これだけ妻を思っているんだ…

真我で歩く日々の気づき

昨日の朝、通勤途中、学長の音声を聞いていたら、皆色々なご先祖がいて、最強のご先祖を味方にできる、自由自在、と言うような話がありました。 はっと思いました。 気づきました。 まあ私のご先祖は源頼朝に少々ご縁があるというのもあり、武家だサムライだ…

真我で歩く日々の気づき

愛に生きる、愛しかない、などと思うようになったら、「感謝」と「愛」はそろったな、あとは「喜び」だけだ、なんて思いました。 まるで、八犬伝の玉がそろうようにです。 真我は「愛」と「感謝」と「喜び」なので。 でもでも、真我は何かを足す事ではなく、…

真我で歩く日々の気付き

最近、ブログのキーワードが愛になってきました。 大きな変化です。 以前は、うつとかなんとか、だったと思います。 ようやく、真我になったのかと、そんな感じです。 本当の自分、真我は愛と喜びと感謝ですので。 ここまで来て、ようやっと、って感じです。…

真我で歩く日々の気づき

愛で生きよう、愛でしかない、と思えるようになったら、あ、もしかしたら、と気づきました。 まんまる、まんまる、って、愛の事かもしれないと。 愛って足したり引いたり、足りない、足りてる、とかいうものでもなく、努力して到達したり、得たり、するもの…

真我で歩く日々の気づき

愛に生きよう、愛しかない、愛がすべてだ、これからはこれで生きてゆこう、と思いましたが、はっと気づいたのが、健康第一、健康のためにも・・・・と気づきました。 心身の健康のためにも、それで生きてゆくのが一番でしょう、と気づきました。 もしかした…

真我で歩く日々の気づき

妻との愛に生きよう、愛に生きよう、やっぱり愛だ、これかれはこれだ、と思うようになったのですが、やはり、またまた、あの時どうしてああしなかったのだろう、こうしなかったのだろう、という自分を責める思いがふつふつとまたまた沸いてきました。 以前の…

真我で歩く日々の気付き

昨日は、妻との愛に生きよう、これから愛に生きよう、と思ったら、体が不思議と楽になりました。 特に肩のあたり。 痛みがすう~とひいて行きました。 何かが取れた感じです。 体が軽くなりました。 そして、心のほうは、何かがはがれたような感じかしました…

真我で歩く日々の気付き

妻との愛に生きよう、カネより愛だ、そんな思い今まで持ったことなかったし、これからは、これだと思ったら、心がモヤモヤしてきました。 真我に出会うはるか前、妻と結婚した頃、私はそこそこの年収の会社に勤めていました。 でも鬼のようなパワハラ社長で…

真我で歩く日々の気付き

最近気がつくと、妻と四六時中一緒にいたいなと、離れたくないな、と思うようになりました。 朝なんか、ああ仕事行きたくないな、なんて(笑) ならば、妻と一緒に働けばいい。 そう思ってしまいます。 そう、妻と一緒に働きたい、と思うようになりました。 お…